1キーショートカットをもっと増やしたい

概要

Advent Calendar5日目です。今日はキーボードハンドラを追加してショートカットキーをいろいろ追加してみます。

ショートカットキーのページを見ていただくとこのアプリにあほほどショートカットがあります。しかも1キーの。でももうちょっと便利な感じにしたい…!そういう声もあるかと思います。なので今回はショートカットの追加をするコードスニペットと、いろいろできるスニペットをいくつか紹介したいと思います。

スクリプト

System.addKeyBindingHandler('A'.charCodeAt(0), 0, function(id){
    // ここにコードを書く
});

キーボードショートカットを追加する基本的な形です。addKeyBindingHandler?の第一引数は仮想キーコード。Windowsの場合はアルファベットの範囲に限りたまたまASCIIの文字コードと同じなのでcharCodeAt?関数で指定するとわかりやすくていいと思います。それ以外は数値を直接指定します。第二引数は修飾キーの指定ですが、詳細はドキュメントを参照してください。そして、第三引数にキーが押されたときに呼び出されるハンドラ関数を指定します。ここでいろいろすると、いろいろできます。 まずショートカットの追加はこんな感じでやります。第一引数と第三引数の中身を適宜変えるといろいろ追加出来て捗ります。 ちなみに、スクリプトで追加したショートカットは本体内蔵の物より優先して処理されるので、ショートカットを上書きしてげへへ…みたいなこともできます。 ここから先は上記コードの // ここにコードを書く と書いてある部分にコピペすれば使えるようになっています。

選択したユーザのユーザページを開く

var status = TwitterService.status.get(id);
System.views.openView(5, status.user.screen_name);

選択したユーザのユーザタイムラインを開きます。

選択したツイートのURLをコピー

var status = TwitterService.status.get(id);
System.clipboard = "https://twitter.com/#!/"+status.user.screen_name+"/status/"+status.id;

選択したツイートのURLを一発でコピーします。たまに便利かも。

特定の抽出ページを開く

System.views.openView(6, "クエリ文字列");

クエリ文字列をイベントのハッシュタグとかにしておくと、タイムラインに流れてきたものが抽出されます。ここまでは標準動作。標準だとG-WとかしてメニューだすかCtrl+Tabで飛ぶかしないといけなくて面倒。なのでこれをイベント中とか一時的に設定しておくとイベントのハッシュで抽出したツイートをぱっとみてメインに戻ってとかがお手軽に出来るようになります。

コメントとか


もし見えてたら空欄にしてね!:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-27 (土) 10:33:44 (1443d)