*[[System>スクリプト拡張/System]].settings [#q5a040d4]

#contents

#hr

**Method [#i8b53ab2]

***getValue [#aeb71519]
設定情報を取得します
#geshi(javascript){{
function getValue(
    section,
    key
);
}}

''パラメータ''
:section|INIセクション名
:key|INIキー名

''Hint''
-取得に失敗すると例外が送出されます
-セクション名をuser.から始まる任意の文字列にすると任意のセクション/キーの値を取得できます((API Level 9 以降で対応))~
-セクション名をuser.から始まる任意の文字列にすると任意のセクション/キーの値を取得できます((API Level 9 以降で対応))
-Profileセクションへアクセスする場合は、セクション名をProfileとしてください。末尾の整数を指定すると正しくアクセスできません。また、常に現在のプロファイルに対してのアクセスになります。~

***setValue [#w71d5a70]
設定を変更します
#geshi(javascript){{
function setValue(
    section,
    key,
    value
);
}}

''パラメータ''
:section|INIセクション名
:key|INIキー名
:value|値

''Hint''
-設定に失敗すると例外が送出されます
-UserStream::Enabled, Misc::EnableAutoRefresh の2項目を操作した場合はそれぞれ対応する機能のOn/Offが実行されます。((API Level 6 以降で対応))~
-セクション名をuser.から始まる任意の文字列にすると任意のセクション/キーに値を保存できます((API Level 9 以降で対応))~

***reconfigure [#d68a3d20]
変更した設定を適用します
#geshi(javascript){{
function reconfigure();
}}

''Hint''
-大部分の設定はreconfigureを呼ばなくても即時適用されます。reconfigureの内部でiniへの保存も行っているので保存したい場合はreconfigureを呼んでください。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS