*INI詳解 [#y2a33887]

**凡例 [#z5d04e4e]
各項目のコロン以降はデータの型です。データ型に応じた値は次の通り。
:Integer|数値
:String|文字列
:Boolean|真偽値。1でTrue, 0でFalse
:Float|実数

データ型名の後ろに括弧でくくられた文字は次の通り。
:R|スクリプト拡張から読み込み可能
:W|スクリプト拡張から書き込み可能
:N|スクリプト拡張からの変更は保存されません

項目名後ろに?(クエスチョン)が表示されている場合がありますがWikiシステムが表示しているもので実際は無視してください。

**Twitter [#r0c4700b]
:ActiveProfileId: Integer|アクティブなプロファイルのIndex

**Proxy [#r13cff2b]
:UserName: String [R,W]|プロキシ認証に利用するユーザ名
:Password: String [R,W]|プロキシ認証に利用するパスワード(暗号化済み)
:Address: String [R,W]|プロキシアドレス
:UseProxy: Boolean [R,W]|プロキシを利用するか
:UseIESetting: Boolean [R,W]|IEのプロキシ設定を利用するか
:Port: Integer [R,W]|プロキシポート番号

**Matches [#d2d6c8a4]
:(AnyKeyName): String|抽出に利用する正規表現

**Searches [#k0e89508]
:(AnyKeyName): String|検索に利用するクエリ文字列

**Filters [#h3153a73]
:(AnyKeyName): String|フィルタに使用する正規表現

**ProfileN [#m70b2796]
''Nには0以上の整数''
:Caption: String|プロファイル一覧に表示される文字列
:UserName: String|ユーザのスクリーンネーム
:Password: String|パスワード(暗号化済み, 保存されません)
:oauth_token: String|OAuthトークン
:oauth_token_secret: String|OAuthトークンシークレット
:oauth_tokenN: String|バックアップOAuthトークン(Nは0以上の整数連番)
:oauth_token_secretN: String|バックアップOAuthトークンシークレット(Nは0以上の整数連番)
:ListsN: String| 購読しているリスト(Nは0以上の整数連番)
:Highlight: String [R]|ハイライト文字列((ScriptからのアクセスはAPI22からサポート。セクション名は常にProfileとして呼び出してください。))

**Misc [#kdcc1012]
:AllowMultipleInstance: Boolean|複数インスタンスの実効を許可する (PC版のみ有効)
:AutoAppendHashtag: Boolean [R,W]|ハッシュタグの検索ビューからPostする際にハッシュタグを自動付加する
:AskBeforePost: Boolean [R,W]|Post前の確認フラグ
:BackgroundAlignment: Integer|背景画像の位置の設定をする。(左上:0, 上中央:1, 右上:2, 中央左:3, 中央:4, 中央右:5, 左下:6, 中央下:7, 右下:8)
:BackgroundImage: String [R,W]|背景画像のパス
:BackgroundTiling: Boolean [R,W]|背景画像を並べる
:Browser: String [R,W,N]|ブラウザパス。空欄でシステムデフォルトを利用
:ColorSchemeFile: String [R,W]|カラーセットファイル名
:DisableUnreadManagement: Boolean [R,W]|未読管理を無効にする
:DisableSource: Boolean|クライアント名を非表示にする
:DisableWheelInertia: Boolean|ホイールの慣性を無効にする
:EnableAutoScroll: Boolean [R,W,N]|自動スクロールを有効にする (Windows PCのみ)
:EnableFavotterClient: Boolean [R,W,N]|内蔵ふぁぼったークライアントを有効にする
:EnableFlick: Boolean [R,W]|フリックショートカットを有効にする
:EnableRefresh: Boolean [R,W]|自動更新のフラグ
:EnableShake: Boolean [R,W,N]|端末を振ってタイムライン再読込をできるようにする (WindowsMobileのみ。一部の端末のみ利用可能)
:EnableUpdateToTestVersion: Boolean|リリース版からベータ版への自動更新を許可する
:ExpandAll: Boolean [R,W]|すべて展開して表示フラグ
:ExpandComposeAreaSipOpend: Boolean [R,W]|SIP有効時にテキストエリアを広くする
:FitToIconheight: Boolean [R,W]|折りたたまれた状態でもアイコン分の高さを確保する
:FontSize: Integer [R,W]|フォントサイズ。0でシステムデフォルトを利用
:FontFace: String [R,W]|フォント名。空文字列でシステムデフォルトを利用
:FooterText: String [R,W]|フッタ文字列
:IconSize: Integer [R,W,N]|TLに表示するアイコンのサイズ
:IgnoreSinceId: Boolean [R,W,N]|差分取得を無効にする
:InitialRefresh: Boolean [R,W]|起動時にリフレッシュするかのフラグ
:Interval: Integer [R,W]|自動更新の間隔
:Language: Integer|使用言語。LCIDの十進数で指定。
:NoPictures: Boolean [R,W]|アイコンを表示するかのフラグ
:NoRefreshAfterPosted: Boolean [R,W]|Post直後の更新を無効にする
:PictureDirectory: String [R,W,N]|画像を開くの最後に開いたパス
:ReadCount: Integer [R,W]|取得数
:RetweetFormat: String [R,W,N]|非公式RTのフォーマット。%uがスクリーンネーム、%sがステータスに置換されます。
:SaveLogData: Boolean [R,W]|終了時にビューの内容を保存する(次回起動時にログを読み込む)
:ScrollInterval: Integer [R,W,N]|自動スクロール間隔(ミリ秒)
:ScrollToTop: Boolean [R,W]|更新時スクロールバーが先頭なら更新後自動的に先頭までスクロールさせる
:SimpleMode: Boolean [R,W]|ビジュアルスタイルを無効にする
:ShowComposeAlways: Boolean [R,W]|テキストエリアを常に表示する
:ShowExitConfirmation: Boolean [R,W]|終了時に確認を表示する
:TextAreaFontSize: Integer|テキストエリアのフォントサイズ
:TextAreaToBottom: Boolean [R,W]|テキストエリアを画面下に移動させる
:TextAreaMultiline: Boolean|テキストエリアを複数行にする。有効な場合、Ctrl+Enterで送信になります
:TextColor: Integer [R,W]|フォントカラー
:TimelineLogMax: Integer [R,W,N]|タイムラインのログ保持上限数
:UnlockLimitation: Boolean [R,W,N]|Post中のテキストエリアのグレーアウトコントロールを無効にする
:UseQT: Boolean [R,W]|公式RTを利用しない
:UseSecredConnection: Boolean|APIへのアクセスにHTTPSを利用する
:UseSecuredConnection: Boolean|APIへのアクセスにHTTPSを利用する
:UseSystemColor: Boolean [R,W]|システム標準の配色を利用
:WoEId: Integer|ローカルトレンドを参照するWOEID


**Sound [#v6f3cb84]
:NewMessage: String [R,W]|新着ステータス受信時に再生するサウンドファイルのパス
:NewReply: String [R,W]|新着ハイライト受信時に再生するサウンドファイルのパス
:VibrateNewMessage: Boolean [R,W]|新着ステータス受信時に端末をバイブレートさせる。((PC版ではキャプションが点滅します。))
:VibrateNewReply: Boolean [R,W]|新着ハイライト受信時に端末をバイブレートさせる。((PC版ではキャプションが点滅します。))
:VibrateId: Integer [R,W]|バイブレータのID。標準は1。

**Location [#o2fe9f9a]
:UseCellTowerInfo: Boolean [R,W]|3G位置即位を利用する
:DisableGPS: Boolean [R,W]|GPSを常に無効にする

**Movapic [#rf3621d4]
:username: String [R,W,N]|携帯百景投稿用メールアドレスの@より左側

**HashTags [#mc52c890]
:(AnyKeyName): String|テキストエリアコンテキストメニューに常に表示させるハッシュタグ

**UserStream [#w3527a1b]
:replies: String [R,W,N]|allを指定するとフォローしているユーザのすべてのリプライ/ユーザへのすべてのリプライを表示する
:Enabled: Boolean [R,W]|User Streams APIを利用する
:track: String [R,W,N]|トラッキングキーワード

**UrlHooks [#eeb20a56]
:RegexN: String|URLにマッチさせる正規表現(Nは0以上の整数連番)
:ExecN: String|マッチしたURLを開く際に使用する実行ファイル(Nは0以上の整数連番)
:ArgN: String|実行ファイルを開くときに実行ファイルに渡す引数。%url%と書くとその部分がURLに置換されます。(Nは0以上の整数連番)

**Scripting [#f4df023d]
:EnableScripting: Boolean|スクリプト拡張の有効無効を指定します
:AllowActiveXObject: Boolean|スクリプト拡張にActiveXObjectを利用することを許可します。
:UseJScript58: Boolean|JScript Version5.8エンジンの使用を設定します

**user.AnyString [#zda563cf]
:(AnyKeyName): String|スクリプト拡張から読み書きできる任意のデータ

**WindowMetrics.MainWindow [#lbc4f421]
:Top: Integer|メインウィンドウのY座標
:Left: Integer|メインウィンドウのX座標
:Width: Integer|メインウィンドウの幅
:Height: Integer|メインウィンドウの高さ

**WindowMetrics.ImagePreviewWindow [#v60b1e22]
:Top: Integer|プレビューウィンドウのY座標
:Left: Integer|プレビューウィンドウのX座標
:Width: Integer|プレビューウィンドウの幅
:Height: Integer|プレビューウィンドウの高さ

**Renderer [#wdfe7b6f]
:UseDirectWrite: Boolean|レンダリングにDirectWriteを使用する
:Gamma: Float|ガンマ。省略可
:EnhancedContrast: Float|コントラスト。省略可
:ClearTypeLevel: Float|クリアタイプレベル。省略可
:PixelGeometry: Integer|ピクセルジオメトリ。省略可
:RenderingMode: Integer|レンダリングモード。省略可

参考: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/dd368190.aspx

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS